アラーム収集装置

スタジオ編集や送出時に使用しているビデオ機器を常時監視し、ビデオ機器毎に障害ログ(チャネルコンディションエラー、フレームエラー等)を収集・記憶致します。

アラーム収集装置

障害ログを解析することにより、問題解決までの作業効率を上げることが可能です。
PC1台で最大100台までのビデオ機器を監視・管理が可能です。
ビデオ機器のドラムのメンテナンス警告時間を設定したり、メンテナンス時期を通知することも可能です。

アラーム収集装置は現在、SONY製XDCAM、HDCAM、HDCAM SR、BETACAMと、Panasonic製DVCPROに対応しています。
(RS-422によるリモート制御が可能なビデオ機器は監視・管理が可能です。)

  • VTR動作中にエラーが起きた場合画面に出力されます。データをまとめて閲覧することが可能です。(エラー発生時のタイムコード、操作、機器種別等)
  • エラー情報を.csv形式で出力できるため、データを別途管理できます。
  • 最大100台まで接続可能なため、スタジオ更新の際に容易に増設が可能です。
  • 過去一年間のエラー統計をとることができます。
  • SNMPエージェント機能に対応しており、上位システムへのアラーム通知が可能です。
  • ビデオ機器のエラー監視・管理機能により
  • オペレーションステータスの取得
  • システムエラー/ワーニング/チャンネルコンディションアラームの取得
  • アラームマスク
  • メンテナンス時期の確認
  • エラー検出した位置をタイムコードで記録等が可能です。

※XDCAM、HDCAM、HDCAM SR、BETACAMはソニー株式会社の登録商標です。
※DVCPROはパナソニック株式会社の登録商標です。

※商品の記載内容については予告なく変更することがあります。

アラーム簡易収集装置

  • 障害ログを解析することにより、問題解決までの作業効率を上げることが可能です。
  • ダビング時のエラー収集にも使用可能です。
  • PC1台で最大10台までのビデオ機器を監視・管理することが可能です。
  • アラーム簡易収集装置は現在、SONY製XDCAM、HDCAM、BETACAMと、Panasonic製D-3、D5 HD、DVCPROに対応しています。
    (RS-422によるリモート制御が可能なビデオ機器は監視・管理が可能です。)

<接続実績機種一覧>
    XDCAM:PDW-HD1500、PDW-F1600
    BETACAM:DNW-A75
    D-3:AJ-D360
    D5 HD:AJ-HD3000、AJ-HD3730
    DVCPRO:AJ-SD930


  • 録画・再生中にエラーが起きた場合画面に出力されます。
  • D5 HDのエラーレートの監視ができます。
  • データをまとめて閲覧することが可能です。
    (エラー発生時のタイムコード、操作、機器種別等)
  • エラー情報を.csv形式で出力できるため、データを別途管理でき、集計が容易になります。
  • 最大10台まで接続可能なため、スタジオ更新の際に容易に増設が可能です。
  • VDR/VTRのエラー監視・管理機能により
  • オペレーションステータスの取得
  • システムエラー/ワーニング/チャンネルコンディションアラームの取得
  • エラー検出した位置をタイムコードで記録等が可能です。

・既にダビングシステムを所持している場合でも既存のシステムにアラーム収集機能を追加することが可能です。

※XDCAM、HDCAM、BETACAMはソニー株式会社の登録商標です。
※D-3、D5 HD、DVCPROはパナソニック株式会社の登録商標または商品名です。

※商品の記載内容については予告なく変更することがあります。

シグマトロン株式会社

製品に関するお問合せは、下記までご連絡ください。

〒171-0031 東京都豊島区目白2-16-20 TCS-HD南池袋ビル
池袋支店 システム部 TEL:03-3988-6511(代) FAX:03-5953-7714